就活の自己分析に役立つ診断ツールとは?|客観的な診断結果の利用法

就活

この記事では就活でよく行われる自己分析について、役に立つ診断ツールを紹介します。

就活に必須と言われる自己分析ですが、なんとなく重要だと感じていても、就活における自己分析は何を目的として行うのか、疑問に感じている就活生もいるでしょう。

また、多くの人が「自己分析の壁」にぶち当たっているのではないでしょうか。

そんな自己分析を効率的に進めてくれるのが「自己分析ツール」です。

質問に答えるだけで、「社会人で求められる力」「性格傾向」「強み」など、より様々な観点で自分を知ることができます。

自己分析をする目的とは?

自己分析は、自分の仕事選びの軸を明確にすること、そして自分のことを分かりやすく説明するために行います。

本当に就活に必要なのかと思われるかもしれませんが、エントリーシートや面接など、多くの場面で必要になってきます。

自己分析で調べる内容は?

大きく分けて以下の4項目について調べることをがよいでしょう。

  • 自分の特徴・価値観
  • 自分の強み・弱み
  • 業界や職種への興味・適性
  • 将来やりたいこと

自己PRに必要な自分の特徴・価値観や自分の強み・弱みは知っておくべき事項です。

また、企業や職種を選ぶ際には、入社後のミスマッチを起こさないためにも各業界や職種に対する興味・適性、将来やりたいことを整理しておく必要があります。

自己分析の仕方

主観的自己分析、客観的自己分析の順に行うようにしましょう。

客観的自己分析を先に行うとその結果が逆にバイアスやノイズとなってしまい、適切な主観的自己分析ができない恐れがあるためです。

主観的自己分析の結果と客観的自己分析の結果に差異が発生することがありますが、その部分については自分磨きの深掘りのチャンスと捉えましょう。

どのように将来に活かせばよいか自分なりの答えを見つけましょう。

1.自分史(主観的自己分析)

自分史とは、自分の過去から現在の経験をまとめたもので、履歴書の経歴をより具体的にしたものです。

自分の過去を振り返ることが目的で、自分の経験を通じて、自分を客観的に見ることで、自分はどんな人間なのかという自己認識を明確にすることができます。

過去に起きたどんなことにも意味があるという意識をもち、ひとつひとつの経験と向きあいます。

下の表のようなものを作成して過去の自分を振り返ってみるとよいでしょう。

   小学校 中学校 高校 大学
勉強        
部活・習い事        
人間関係        
趣味        
       

2.適性検査ツール(客観的自己分析)

適性検査ツールを利用することでデータから自分を読み解くことです。

就活の適性検査ツールを利用すると、性格の傾向、価値観の傾向、ストレス耐性などを客観的に知ることができます。

性格や価値観の傾向から自分の興味・適性を判断することで、効率よく自分に合った仕事を見つけることができます。

まとめ

自分に合った企業を見つけ、内定を獲得するためには、自己分析が重要です。

就活は効率よく進めなけば、ライバルに差をつけることができません。

主観的な自己分析だけではなく、適性検査ツールを使うことで効率よく、客観的な結果を知ることができます。

自己分析を深めることで自分のアピールポイントや仕事への興味・適性を把握して、自分が納得する企業に就職できるように就活を進めて行きましょう。

コメント

  1. […] […]