風呂場のガンコな石鹸カスの落とし方!オススメの掃除方法とは?

生活全般

きちんと掃除していたつもりだったのに汚れが残っていることがあります。お風呂や洗面台に水アカのような白いものがこびりついて、どうしても落ちません。擦っても全然落ちないですし、市販の洗剤も全く利きません。

この汚れの正体は、実は「石鹸カス」と呼ばれるものなのです。身体などを洗うのに石鹸をよく使いますが、なぜ石鹸が汚れの原因になってしまうのでしょうか。この石鹸カスの汚れの掃除の方法などを紹介します。

石鹸カスとは?

石鹸カス汚れには、2つの種類があり、汚れのガンコさは全く異なります。1つは皮脂と結びついてできる石鹸カスです。石鹸で体を洗ったタオルを、オケですすぐと水面に白く汚れたものがたくさん浮きます。

このタイプの石鹸カスは、普通のバスクリーナーでも、しっかり洗えば何とか落とせるのでそれほど問題ではありません。問題なのは、水道水の硬度分と結びついてできる石鹸カスです。

石鹸に含まれる「脂肪酸ナトリウム」と水道水に含まれる「カルシウム」が反応しあって性質が変化します。このタイプの石鹸カスを別名「金属石鹸」とも呼ばれています。名称に石鹸とついていますが、実際には洗浄する能力はありません。

この金属石鹸が、浴槽やシンクの中の垢などの油脂分と反応することで、頑固な白い汚れとなってしまうのです。水に溶けずに固くこびりつくので、スポンジでこすり洗いしただけでは落ちません。

石鹸カスを掃除する方法は?

一度こびりついた石鹸カスは、一般的なお風呂用の洗剤を吹きつけてこすってもなかなか落ちません。

酸性洗剤を使えばスルッと落とすことができます。石鹸カスはアルカリ性の性質をもつミネラル成分が元になっているので、酸性で中和して溶かして落とせるというわけです。

市販の洗剤は強力な洗浄力を持っている反面、界面活性剤などが含まれており、皮膚に付着した場合、肌荒れなどのトラブルの原因になることがあります。そのため、酸性の性質を持った「クエン酸」や「お酢」が代用されることもあります。

特に、お酢には消臭や殺菌の効果も期待できるため、トイレと一体化しているユニットバスの掃除にオススメです。

酸性洗剤を使ってもうまく落ちないのは、石鹸と水道の成分以外にも皮脂などの油汚れが混じって、汚れが何層にも重なっているためです。このような場合、「クレンザー」や「重曹」を使って、ザラザラ汚れを物理的に剥がし取ればピカピカになります。

研磨剤入りの洗剤「クレンザー」を使う方法は最もメジャーです。石鹸カスによるザラザラを剥がし取ってくれます。クレンザーの代わりに重曹を使うのもオススメです。重曹の粒が研磨剤のはたらきをして、ザラザラを絡め取ってくれます。

「クレンザー」や「重曹」はアルカリ性の性質があるため、皮脂汚れを落とすのにも効果的です。

お風呂掃除の際は、酸性とアルカリ性、二つの汚れに対応していくことで、掃除の効果を上げることが可能だといえます。

石鹸カスはこまめに掃除するとよい

石鹸カスは放置しておくほど落ちにくくなります。石鹸カスは溜まって層になると落とすのがとても大変です。掃除の手間を減らすのであれば、日頃からお風呂や洗面所などを使ったら、石鹸カスができそうな場所を軽くスポンジでこすることです。

やはり日常的なメンテナンスが大切になります。石鹸カスは発生した直後なら水に流れますので、お風呂を使用した直後にシャワーなどで残留している石鹸カスをしっかり流しておくと石鹸カスが溜まるのを防いでくれます。

石鹸と水道水が反応する前に落とせば、石鹸カスがこびりつきにくくなります。ただし、水で流すだけでは細かい溝に溜まった石鹸カスなどは取り除くことが難しいです。

水を流しながら、同時に柄のついたモップなどで排水溝、浴槽のヘリなどを擦ってあげると効率よく石鹸カスを除去できます。

何日かに一度この作業を行っておくと、大掃除の際に市販の中性バスクリーナーでも十分石鹸カスを落とすことができますのでオススメです。

コメント