牛乳は賞味期限切れでも飲める?|賞味期限の長いロングライフ牛乳とは?

生活全般

牛乳の特売でたくさん買ってしまい、賞味期限を過ぎてしまった経験はありませんか。

賞味期限切れの牛乳は、あまりにも古いものはさすがに飲む気になりませんが、少し過ぎた程度なら飲んでも大丈夫かなと思ってしまいます。

賞味期限が数日だけ過ぎた牛乳だと飲むか捨てるかの判断が難しいです。

牛乳の賞味期限というのはどういうものでしょうか。

牛乳の賞味期限は何日までなら過ぎても大丈夫なのでしょうか。

牛乳の賞味期限について調べてみました。

賞味期限が切れた牛乳をどうしようか悩んでいる場合、参考にしてみて下さい。

賞味期限が切れても異常がなければ大丈夫

賞味期限を過ぎたとしても、すぐに牛乳が飲めなくなるわけではありません。

賞味期限は美味しさの保証期限をいいますので、賞味期限を過ぎたらすぐに危険になるというわけではありません。

牛乳は傷み始めると以下のような状態になります。

特に異常がないのであれば、賞味期限切れの牛乳を飲んでも問題はありませんが、該当するようであれば、廃棄したほうがよいでしょう。

  • 白いつぶつぶや黄ばみがある
  • ヨーグルトみたいにドロドロしてる
  • 酸っぱい臭いがする
  • 酸味や苦みなど味に違和感がある

なお、菌がまだ生き残っている低温殺菌牛乳には「消費期限」が記載されています。

消費期限は安全性の保証期限ですから、消費期限切れの牛乳は廃棄するようにしてください。

賞味期限と消費期限の違い

お店で買った食品には、安全においしく食べられる期間があり、袋や容器に「消費期限」または「賞味期限」のどちらかが表示されています。

意味は少しちがいますが、食品を安全に、おいしく食べられる期限を表しています。

これらの違いは以下の通りです。

1.賞味期限

袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合、「品質が変わらずにおいしく食べられる期限」のことをいいます。

カップめん、缶詰、ペットボトル飲料などの傷みにくい食品に表示されています。

この期限を過ぎても、すぐに食べられなくなるわけではありません。

色やにおい、味などをチェックして異常がなければ、まだ食べることができます。

ただし、一度開けてしまった食品は、期限に関係なく早めに食べるようにしましょう。

2.消費期限

袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合、「安全に食べられる期限」のことをいいます。

お弁当、サンドイッチなどの傷みやすい食品に表示されています。

この期限を過ぎたら食べないようにしてください。

賞味期限内でも開封済みなら何日くらい持つのか?

牛乳は栄養価が高く、空気中の雑菌が入り込むと、菌が一気に増えるので、パックの開封日から数えて2、3日中に飲むよう奨められています。

賞味期限なので消費期限とは違い、期限を過ぎても問題のない場合はありますが、食中毒などのリスクが高まる危険性は変わらないので注意しましょう。

ただし、開封後2、3日以内でも常温で放置した場合、安心して飲むことができないので、要注意です。

賞味期限内でも上記の様な異常が出ている場合は無理に飲むのをやめるようにしましょう。

ロングライフ牛乳の賞味期限が長い理由は?

一般的に牛乳は開封前、開封後とも10℃以下で冷蔵する必要があり、その状態で保管しても10日くらいしかもたないのですが、ロングライフ牛乳は冷蔵での保管は勿論のこと、未開封の状態では60日間の常温保存が可能です。

常温とは、「夏期において外気温を超えない温度」をいいます。

賞味期限が長い理由は必要な殺菌の温度が高いためです。

要冷蔵の牛乳と栄養には差がなく、保存料などの添加物は、一切使われていません。

一般的な牛乳は、120~130度で1~3秒の殺菌するのに対して、ロングライフ牛乳は135~150度を1~4秒と超高温で加熱することで菌が早い段階で増えることを押さえて、長く保存できる工夫がされています。

また、牛乳を入れる紙パックにも品質を長く保つために紙パック自体にも工夫がされています。

空気や光が品質を落とす原因になるのでポリエチレン・紙・アルミを5層に重ね合わせて作り無菌状態にします。

このような工夫から、たくさんの保存料を使わなくても長く保管することができるのです。

なお、開封後は普通の牛乳と同様に、10℃以下に冷蔵して、早めに消費する必要があるので注意が必要です。

コメント