ハローワークは新卒でも利用可?|新卒応援ハローワークの利用価値は?

就活

ハローワークとは、正式には公共職業安定所と呼ばれ、主に職業紹介事業を行っています。

ハローワークは仕事を辞めた人だけが行くところだと思っていませんか。

新卒者にとってはハローワークで仕事を探すという選択肢はあまりないかもしれませんが、ハローワークは仕事を辞めた人だけでなく、新卒の就活でも活用することができます。

ただ、ハローワークで新卒の就職先を探すのとリクナビなどの就活サイトで探すのとではどのような違いがあるのか気になりませんか。

ハローワークは新卒でも利用可能

ハローワークは仕事を辞めた人だけが行くところだと思っている人が多いと思われますが、新卒を対象とした「新卒応援ハローワーク」という専門のハローワークがあります。

新卒応援ハローワークは全都道府県にあるワンストップで新卒者を支援する施設で大学院・大学・短大・高専・専修学校などの学生や、これらの学校を卒業した方を対象に学校との連携の下、ジョブサポーターと呼ばれるアドバイザーによるきめ細かな支援など、様々なサービスを無料で行っています。

【主なサービス内容】

  • 求人情報の提供
  • 就活の進め方の相談
  • エントリーシートや履歴書など書類作成の相談
  • 面接対策指導
  • 職業適性検査をはじめ、就活に役立つ各種ガイダンスの実施

一般のハローワークと新卒応援ハローワークの違い

一般のハローワークは利用料無料、予約不要で求人検索と応募ができますが、新卒応援ハローワークにある「就活の進め方の相談」「エントリーシートや履歴書など書類作成の相談」「面接対策指導」「職業適性検査をはじめ、就活に役立つ各種ガイダンスの実施」のサービスがありません。

このように一般のハローワークよりも充実しているので利用価値はありそうです。

新卒応援ハローワークを利用するメリット

ジョブサポーターに仕事探しの相談が出来て、履歴書の作成方法やエントリーシートの書き方、さらには面接の指導や、練習まで一貫して対応してくれます。

情報提供がメインである民間の就活サイトと比較すると就活のプロが丁寧にアドバイスをしてくれるのは心強いので利用価値は高いといえます。

また、就活に役立つ各種セミナーを開催しており、セミナーは苦手意識のある方が多い自己分析や自己PR、志望動機などの講座があり、また、就職面接でよくあるグループディスカッションやマナー講座まで網羅しています。

さらに企業が積極的に若者を採用するための就職フェアでは、指定の場所で説明会や面接が行なわれます。

さまざまな業界の人事担当と直接会って話すことができ、面接というより面談に近く、聞きづらいことも気軽に聞けるため、新卒者にとっては大きなメリットといえます。

新卒応援ハローワークを利用するデメリット

採用を考えている企業が求人サイトや就職支援サービスを利用するとお金がかかりますが、ハローワークは無料で募集がかけられるため、求人の数が多くなっています。

特に、頻繁に募集をかけている企業には注意しましょう。

単純に人員不足の場合もありますが、ブラック企業の可能性も考慮した方がよいでしょう。

また、公共サービスのため、ビジネスとしてやっている民間の就職支援サービスと比べると求人の質やサービスの質に差があります。

良い結果を求めるのであれば、質の高い方を重要視した方がよいでしょう。

ハローワークがダメということはありませんが、民間の就職支援サービスの方がより真剣に取り組んでおり、就活を成功に導く可能性が高いといえそうです。

民間の就活エージェントも活用しよう

できればハローワークだけではなく、民間の就活エージェントにも相談することで、選択肢の幅が広がります。

就活エージェントは求人企業が仲介手数料を支払うことで運営が成り立っています。情報量が多く、質の高い求人情報が集まっているのが特徴です。

求職者側はハローワークと同様、無料で就活相談にのってもらえるため、積極的に利用することをオススメします。

サービス内容は、新卒応援ハローワークと同様に、求人のマッチングや書類作成、面接対策のサポートがメインです。

特に就活エージェントは相談者の希望条件や適性に合う求人の紹介や、豊富な情報量をもとにした面接対策に力を入れており、その点が強みであるといえます。

エージェントにはキャリアアドバイザーと呼ばれるプロの就活アドバイザーが在籍し、専門分野に特化したアドバイスで就活生をサポートしています。

コメント