就活メイクのポイント|知性・意欲・清潔感を伝える色と濃さで決まる!

就活

短期決戦の面接では、第一印象が大切です。

数分しかない面接では、見た目で印象を判断されてしまうことがあり、せっかく良い受け答えができても、見た目でマイナスなイメージを持たれてしまっては非常にもったいないです。

就活メイクは、とにかく自分をよく見せることが大切。

就職活動を控えているけれど、就活メイクはどのようにすればよいかよくわからない就活生も多いはずです。

印象アップのための就活メイクのコツとはどのようなものがあるのでしょうか。

「就活メイク」と「普段メイク」の違い

メイクをしさえすればなんでも同じように感じるかもしれませんが、メイクは本来、目的に応じて使い分けるべきものです。

知性・意欲・清潔感は就活で採用担当者に好印象を与えるために非常に大切なポイントです。

そのために、就活用のメイクが必要となってくるのです。

自分の好みに合わせて色や濃さを選べる普段メイクとは違い、就活メイクでは相手にフレッシュさや清潔感のある印象を与えることが大切になります。

血色感のないすっぴんのような薄すぎるメイクや、きつい印象を与えるような濃すぎるメイクは、相手に不真面目な印象を与えてしまうかもしれません。

第一印象で良いイメージを持ってもらうためにも、就活中のメイクは、程よく血色感のあるナチュラルメイクを心掛けましょう。

就活メイクのポイントは「知性・意欲・清潔感」

就活メイクで意識するポイントは、「知性」「意欲」「清潔感」の3点です。

会社に利益をもたらす「知性」をもち、それを存分に発揮する「意欲」があること、さらにビジネスシーンにふさわしい清潔感ををメイクで表現することが基本になります。

難しいように思えますが、各パーツのメイク方法を少し意識するだけで、好印象を与えるメイクが可能になります。

就活の場では相手に与える印象が重要になるため、社会人としてこれから働くことを意識し、社風やイメージに合った清楚なメイクを心がけましょう。

生き生きとした表情に見せるポイントメークのコツとは?

使う色と濃さがポイントとなります。色はピンクや茶、黒に近いグレーなど、肌や髪、瞳など顔に元々ある色を使うと違和感がありません。

1.眉

  • 眉の間は指2本分が理想の間隔
  • 濃い茶色にすると優しい印象になる

2.アイシャドー

  • まぶた全体にベージュ/淡いピンクなど
  • 眼球の上あたりにピンクなど
  • まつげの際に濃いグレーなど

3.目の下

  • 明るめの色を中指で少量取り、目の下に3点置き、薬指で軽くたたいてのばす

4.チーク

  • 黒目と小鼻の延長線がぶつかる位置から外側斜め上に向かって入れる

5.口紅

  • 口角のラインをしっかりつなげ、内側に向かって引く
  • 色はピンク系やローズ系

コメント