眼精疲労の原因と対策は?|疲れ目や眼精疲労を解消する方法とは?

生活全般

テレビやパソコン、スマホなど、日頃からよく液晶画面を見つめています。

そして、 知らず知らずのうちに目に負担をかけてしまい、眼精疲労を引き起こします。

目が疲れるといったことは誰しも一度は経験があろうと思います。

眼精疲労があると目だけの症状だけでなく、肩こりなど体全体に影響が現れます。

症状が悪化する前に、日頃からこまめにマッサージをする習慣を身につけておきましょう。

特に事務仕事をしている人にオススメです。

眼精疲労とは

眼精疲労とは、目を使う作業を続けて、ふつうの人では疲れない作業量にもかかわらず、目の疲れが強く、休息してもなかなか回復しない症状をいいます。

目の奥が痛い、目がかすむ、見ているうちにぼやける、目を開いているのがつらい、肩がこる、だるい、イライラするという症状があります。

過度に目を使うことで起こりやすくなります。

眼精疲労の原因

原因の多くは度の合わない眼鏡を使用していたり、老視(老眼)の初期などで無理な近業作業を行った場合などです。

緑内障や白内障でも眼精疲労が出現することがあり、注意が必要です。

最近は、特にパソコンなどを使用する機会が増えたため、これが原因となる眼精疲労が増えています。

そのほかにも全身疾患に伴うもの・心因性のもの・環境によるものなど、眼精疲労をもたらす要因は非常に多岐にわたっています。

眼精疲労と目の疲れの違い

眼精疲労と目の疲れの違いは症状の重さです。

眼精疲労は目の疲労感や痛みの他、肩こり、頭痛等、身体の他の部位にも症状が出現し、慢性的に繰り返されます。

そして、眼精疲労は生活習慣や環境を整えるといった改善的措置が必要になります。

一方、目の疲れは一時的なものです。

こちらの症状は睡眠や休息によって解消されるので、身体の他の部位に症状が出現する事はありません。

簡単にいうと眼精疲労は重度の症状、目の疲れは軽度の症状であるといえます。

疲れ眼や眼精疲労の解消法

1.休憩をとる

作業を中断して眼を休めることが一番です。

また、まばたきをすると眼のまわりの筋肉がストレッチされるので、ドライアイ予防にもなるので意識的にまばたきをしましょう。

仕事で長時間のパソコン作業などの作業が続く場合、1時間に10分程度の休憩をとって眼を休めるとよいでしょう。

難しい場合でも、コピーを取りに行ったり、シュレッダーに掛けるなどの眼に負担を掛けない作業を間に挟むなどでパソコン作業を中断することがオススメです。

2.目元のマッサージ

目の疲れを軽減してくれるツボとして、目頭と鼻の間には「睛明(せいめい)」、眉頭には「攅竹(さんちく)」、眉尻と目尻の間から親指1本分うしろのへこんだところ、こめかみのあたりには「太陽(たいよう)」があります。

これらのツボを、指の腹を使って順にやさしく刺激をしていきます。各5秒を3回ずつ行うとよいでしょう。

3.「遠く」を見る

眼のまわりの筋肉をほぐすことで、疲れ眼の改善やリフレッシュにつながります。

遠くをぼんやり眺めることは眼の緊張を和らげることにつながります。

近くを見ると緊張する毛様体筋は、近くを見続けると緊張して凝り固まってしまい疲れ眼の原因になります。

遠くを見ることは毛様体筋がゆるむことになるので、眼の筋肉のリラックスになります。

4.自分に合ったメガネやコンタクトレンズを使う

眼精疲労になる理由のひとつに、自分の視力に合わないメガネやコンタクトレンズを使っていることが挙げられます。

メガネやコンタクトレンズを使っている人は1年に1度、自分の視力と度数が合っているかをチェックすることが大切です。

また、今までメガネやコンタクトレンズをつかっていない人でも見づらいと感じたら、眼科で視力検査を行い、必要であればメガネやコンタクトレンズを使うことも目の負担を軽減することにつながります。

5.眼を温めてリフレッシュ

眠る前など休める時間には蒸しタオルで眼を温めるのがオススメです。

眼の付近を温めることで血行が良くなり、筋肉の緊張がほぐれ、リラックスできます。

市販のホットアイマスクであれば携帯にも便利です。

また、眼の周りには交感神経から副交感神経に切り替わるスイッチがあるので、温めることでリラックスした状態にもなります。

コメント