古希とは?|お祝いの色やその由来とは? 贈り物は何がよい?

生活全般

長寿のお祝いとして、60歳の還暦、70歳の古希、77歳の喜寿などは聞いたことがありますか。

長寿のお祝いには、還暦から始まり、古希、喜寿、傘寿など、節目ごとに呼び名や意味があります。

子どもの頃とは違い、年を重ねていくと一年一年に重みを感じるようになります。

その中でも古希について意味や色などとともにお祝いに贈りたいプレゼントはどんなものが良いのか紹介していきます。

古希とは?

古希とは70歳のことです。

本来は数え年ですので、満年齢の場合は69歳ということになります。

しかし、現在では年齢は数え年ではなく、満年齢を基準にしているので、満年齢70歳を古希としているケースが多いです。

参考までに長寿の祝いとは、「還暦」が数え年で61歳、「古希」が数え年で70歳、「喜寿」が数え年で77歳 、「傘寿」が数え年で80歳 、「米寿」が数え年で88歳、「卒寿」が数え年で90歳 、「白寿」が数え年で99歳、「百寿(紀寿)」が数え年で100歳です。

古希は、元々「古稀」と書き、中国唐代の詩人・社甫の曲江詩の中の「人生七十古來稀」の一節によるものといわれています。

人生七十古來稀とは、当時、人生を70歳まで生きることは稀なことであるという意味があり、特に古くは人生50年と考えられ、還暦にあたる60才を迎えられることが長寿の証といわれていました。

それが70歳を迎えられるというのは、非常に稀(まれ)だという意味から、古稀がお祝いされるようになったといわれています。

70歳古希のお祝い色とは?

長寿のお祝いには、慣習としてお祝いの色があります。

有名なところでは60歳還暦のお祝いは赤色です。

赤いちゃんちゃんこを贈ることはよく知られています。

70歳古希の場合は紫色です。

古希の色「紫」の由来とは?

紫草という植物の根から染料を作り出したことから、紫草から染色された色を「紫(ムラサキ)」と呼ぶようになりました。

当時の技術では紫草の栽培は困難であったことから、この色は珍重され、古代中国や律令時代の日本では、紫は高位を表す色とされ、皇族やそれに属する者にしか使用を許されなかったといわれています。

特別な色という意味合いを強く持っているため、長寿への敬意を表す色と考えられ、紫色が古希の色になったようです。

古希のお祝いの贈り物

定番は「ちゃんちゃんこ」です。

古希のお祝いには還暦と同じように「ちゃんちゃんこ」を贈ります。

色は古希の色「紫」です。

なぜ、70歳である古希のお祝いでも「ちゃんちゃんこ」を贈るのでしょうか。

これに関しては、還暦に贈る「ちゃんちゃんこ」からの流れで始まったものと思われ、同じように長寿をお祝いすることから、還暦同様に「ちゃんちゃんこ」を着て「年寿」をお祝いに結びつけたのだと考えられています。

定番は「紫のちゃんちゃんこ」ですが、古希の祝いに特に決まりはありません。

古希祝いの色は紫ですので、贈り物のどこかに紫を意識してもよいでしょう。

しかし、古希になったからといって、老人扱いされるのは本意ではないはずです。

古希祝いにふさわしいものというよりは、本人が望むものや食事などの意見を聞いて準備することが楽しみになります。

品物を古希祝いに贈る場合、特に指定がない場合は、少し若い感覚の明るくお洒落なお祝いが喜ばれるでしょう。

また、人生の長い歴史を振り返り、家族の様々な時代の写真を選んでアルバムを作ってプレゼントするのも喜ばれる古希祝いの贈り物の一つになります。

写真を持ち込むことで簡単に写真集やアルバムを作成してくれるサービスもありますので、当日の記念撮影も含め検討してもよいでしょう。

形式にこだわるより古希を迎えた方の気持を尊重し、喜んでもらえる品を選ぶのが古希祝いのプレゼント選びのポイントです。

コメント