会社説明会での「軽装」は何を意味する?|企業が求めている服装とは?

就活

就職活動の会社説明会において、意外と多い悩みが服装に関するものです。

就職活動で「軽装でお越しください」「軽装で構いません」と服装を指定されることがあります。

はたして軽装や自由な服装とは何を意味しているのでしょうか。

また、具体的にどのような服装であれば、正解なのでしょうか。

就活の会社説明会に「軽装でお越しください」と言われた場合の服装について解説します。

企業がいう「軽装」とは?

軽装、服装自由といった案内があった場合、スーツに拘らなくてもよいということになりますが、どの程度の私服なら大丈夫なのでしょうか。

前提として、常識の範囲内でなら大丈夫であるという隠れた条件があることに注意しなければなりません。

常識の範囲内とは個々の基準もありますので一概には言えませんが、「誰から見ても好感が持てて清潔感がある」といえそうです。

常識的に考えて好感がもてるかどうかは大きな差はないでしょう。

会社説明会とはいえビジネスの場なのですから、ビジネスにふさわしいものでなければなりません。

統一された服装ではなく、個々に選択の幅のある服装となるので、「第一印象」や「服装選択に至る思考」に開きが出ます。

軽装といわれたら、1枚ジャケットを持っておくと便利です。

カジュアルシャツや柄のあるトップスを着ても、ジャケットを1枚持っていればそれなりにきちんとした感じを出すことができるので便利です。

軽装でもシンプル過ぎる服だと、会社の担当者からの印象も薄くなってしまいます。

ジャケットは印象の面でもマナーの面でもよいでしょう。

「仕事」というテーマで出会う初対面の相手にふさわしい身なりを意識するとよいでしょう。

夏の面接でクールビズはOKか?

夏季に就職・転職活動で面接を受ける際、軽装やクールビズという指示があった場合は、それにしたがって軽装やクールビズで行くようにしましょう。

服装を特に指定されていないときは、通常通りスーツやジャケットを着て行き、男性であればネクタイを着用するのが無難です。

クールビズで面接を受けるかは、自分で判断しないようにしましょう。

就職・転職活動の際にクールビズで面接を受ける場合は、一般的なクールビズの服装を参考にするとよいでしょう。

面接におけるクールビズの服装

1.面接時の服装(男性)

  • ジャケットなし、ノーネクタイが基本
  • シャツは長袖と半袖どちらでも可
  • スーツのパンツ
  • 革靴

2.面接時の服装(女性)

  • ジャケットなしが基本
  • シャツは長袖や七分袖で白無地のもの
  • スーツのスカートかパンツ
  • 黒のパンプス

上記が面接時のクールビズの服装です。

不安な時はスーツで出席しよう

軽装とどのようにとらえればよいかよくわからない、どうしても失敗したくないという場合には、スーツで説明会に出席するのが無難です。

その状況にあわせてジャケットを脱いだりするなど臨機応変に対応できます。

シャツだけなどにしてしまうと会場についてあわてることがあります。

どんなに会社のことを事前に調べても実際に行ってみないとわからないことはたくさんあります。

準備をしておけばあわてずにすみます。

不潔な服装や、あからさまに場違いな服装であった場合は評価が下がってしまうこともありますが、素晴らしいコーディネートだからといって評価が上がることはあまりありません。

無理にビジネスカジュアルを追求してもそれほどメリットがあるわけではないので、服装に悩むくらいなら、失敗のないスーツにしておくのが良いでしょう。

ジャケットを着ないで行こうとしている人でも持っていきましょう。

ネクタイもかさばるものではありません。

鞄に入れておくとよいでしょう。

持ってさえいればその場の雰囲気に合わせてネクタイをしたり、ジャケットを着るということで対応ができます。

コメント