人付き合いに疲れたときの効果的な対処法とは?

コミュニケーション

SNSなどの普及により、人付き合いは益々複雑になってきて、人付き合いで疲れたと感じる人は年々増加しています。

そのため、複雑な人付き合いに疲れ、逃げ出したいと感じる人も少なくありません。

人付き合いは安心や元気の素になることもあれば、誤解や相性など精神的疲労の原因となることもあります。

人付き合いで疲れたときに解消する方法を知っておくと心が楽になります。

人付き合いに疲れやすい人の特徴

人付き合いに疲れやすい人には、いくつかの傾向があるようです。

  • 周りの人に気を遣いすぎて、自発的な発言や行動を我慢してしまうことが多い
  • 周りの人からの評価を気にしすぎて、考え込んでしまうことが多い
  • 周りの人の「言葉の裏」を探ることが多く、よく確認せずに「思い込み」で判断することが多い

周りの人に気を遣いすぎたりすると、往々にして人付き合いにストレスを感じやすくなるものです。

新しい人付き合いを築かずに旧知の友人や家族など、いつも同じ相手とばかり付き合っていると人付き合いへの免疫力はどんどん弱くなります。

また、今は親密な間柄でも、年を経るごとにその関係性は変わり、お付き合いの熱は冷めていきます。

したがって、旧知の関係にばかり執着していると、冷めていく関係に寂しさが募り、年齢とともに孤独感や不安が強くなっていきます。

そのため、人付き合いへの免疫力を高めながら、楽しくほどよい人付き合いを随時構築していくことが必要になります。

人付き合いに疲れたときの対処法

1.人付き合いに疲れたときは人との距離をあける

人付き合いに疲れたときは、人と距離を置くことが大切です。

人付き合いは親しくなるほど、いい加減になってしまいます。

たとえば、軽い気持ちで約束を破ったり、相手のプライバシーに踏み込んだり、相手を傷つける言葉を安易に言ってしまったり、仲が良くなると相手の気持ちを考えない行動をしがちになります。

このような行動を続けると信頼関係を壊す原因となります。

そして、濃い付き合いをしていくうちに嫉妬や葛藤が生まれることもあります。

このような状況にならないためにも、程良い距離感を保つことが大切です。

また、少人数の人と濃い付き合いをするのではなく、幅広く友達の輪を広げるのも人付き合いに疲れない方法の一つです。

2.人付き合いに疲れたらとき自分を良く見せることをやめる

人付き合いが疲れたと思ってしまう人の中には、自分を良く見せるために背伸びをしている人が多くいます。

「嫌われたくない」、「優しい人だと思われたい」、「悪い奴だと思われたくない」など、理由は様々あります。

誰でも他人に良く思われたいものですが、無理に意識して相手に合わせると、本来の自分を出すことができません。

本当の自分を出せない場所は、苦痛でしかありません。

周りからどう思われてもいいと思えるようになれば人付き合いについて悩むことは無くなります。

いきなりその考えになるのは難しいかもしれませんが、少しずつ相手に合わせることや良い人になることをやめることを意識してみましょう。

3.人付き合いに疲れたら関係を整理してみる

本当に自分にとって必要な人間関係を見つけ出すために、これまでの人付き合いを整理します。

人付き合いを整理すると本当に好きな人とだけ人付き合いを続けることでストレスが無くなり、楽しい毎日になることができて、考え方が前向きになります。

付き合いをやめたい方がいる場合は、なるべくその人との連絡を減らすことから始めましょう。

こちらから連絡することをやめます。

そして、相手から連絡があっても、必要最低限の連絡に留めておきます。

そうすることで、相手からの連絡も徐々に減っていきます。

また、これまでの人付き合いを整理した後、新しい人に出会い、人付き合いを築くことがあると思います。

そのときは、再び人付き合いによって疲れることが無いように、関わり方には注意が必要です。

それは、最初からあまり深く関わらないということです。

本当に信頼出来て、自分のすべての部分をみせられると判断してから深く関わる方が良いでしょう。

4.一人で趣味などを楽しむ

一部の人付き合いで問題が生じて嫌気がさしてしまうと、特に問題の無い仲の良い友達との関係も面倒に感じるようになることもあるかもしれません。

一部の人付き合いのもつれで、他人との関わりそのものに疲れてしまうケースがあります。

そのような場合には、一人になることがオススメです。

なるべく他人と関わらず、休みの日などは一人きりで趣味を楽しんだりするといいでしょう。

そうすれば、リフレッシュに効果的です。そうすることで、人付き合いへの嫌気というのも緩和できるでしょう。

5.人付き合いに疲れたら新しい関係を作る

人付き合いに疲れたと感じる人のほとんどは、ある限られた関係の中で閉塞感を抱いているからです。

たとえば、職場の人付き合いに起因する悩みの場合、そこにいることの息苦しさを、多くの人が感じています。

そこでオススメしたいのが、趣味のサークルに参加するとか、何かの教室に通うとかして、新しい人付き合いを作るという方法です。

新しい人付き合いができて、親しい友人などが生まれれば、自然と気持ちはそちらの関係に向くようになります。そし

て、限定された人付き合いに起因する息苦しさが緩和されていきます。

人付き合いで完璧を目指す必要はない

経済において全体の数値の大部分は、全体を構成する中の一部の要素が生み出しているとパレートの法則があります。

80:20の法則、8:2の法則、ばらつきの法則とも呼ばれており、現代では経験則として多く扱われています。

この法則は経済以外にも、自然現象や社会現象、そして人付き合いにおいても当てはめることができます。

つまり、人付き合いに100%はありえません。世の中の事象は平均的ではなく、ばらつきや偏りがあって当然です。

人付き合いが上手くいかずに疲れた人、悩んでいる人は、他人からの100%を求めており、期待通りのアクションがないためにイライラします。

このようなことを繰り返していたら人付き合いに疲れるのも当然です。

他人に100%の労力をかけて100%の見返りを期待するのはやめ、20%の労力で80%が返ってくるよう求めるくらいにしておきましょう。

そう考えれば、相手に何かしたときにちょっとしたリアクションがあれば納得しますし、理由に関係なく自分を嫌う人は2割くらいいると開き直る程度で構えていれば、他人に対して寛容になることが出来ますので、良好な人付き合いが築け、人付き合いに疲れなくなります。

コメント