就活スーツの色や柄はどう選ぶ?|色や柄でライバルに差をつけられる?

就活

就職活動のスーツを用意する際、まず色で悩みます。

就活で大切なのが第一印象です。

人の見た目が半分以上だといわれています。

黒、紺、グレーならば問題ないことは分かるけれども印象に差はつくのでしょうか。

人柄や性格と同じように重要なのが第一印象です。

少しでも採用に近づけるためにも就活生が着るスーツについて、選び方のコツを紹介します。

スーツで第一印象が変わる

面接において、第一印象は重要なポイントです。

ビジネスシーンでは、身だしなみにおける外見が重要視されています。

基本的には派手に見えず清潔感がある服装と髪型ならば、外見による減点はないでしょう。

就活用スーツの色選び

就活スーツは、絶対に黒でなければならないと決まっているわけではありませんが、就活スーツ=黒という認識が世の中に定着し、現在では圧倒的に黒を選ぶようになりました。実際の比率は黒が約75%、濃紺が約15%、他が約10%となっています。

それは、服装で目立つことをリスクととらえる人が多いからです。

このような状況で一人だけ目立つようなスーツを着た場合、いい意味での目立つのではなく、面接官から目をつけられる対象となる可能性があるため、黒以外の色を選ぶことを避ける傾向にあります。

一方で有識者の中には「黒のスーツというのは、葬式またはカクテルパーティー、または韓流スターのステージ衣装、リムジン運転手の制服であって、ビジネスで着用してはならない。」という考え方もあります。

こうなると就活生たちは実態と異なっているので混乱します。

濃紺やグレーを選ぶとどうなる?

面接官個々のセンスにもよりますが、外資系やアパレル業界の場合は、より好意的に見てもらえる可能性もあります。

まず、濃紺の場合、日本人の肌色によく馴染むため、顔色をパッと明るく見せます。

また、上品で洗練された雰囲気が漂い落ち着きのある印象になります。

一方、グレーの場合、黒や濃紺に比べて柔らかく優しい色合いが物腰柔らかい空気感を醸し出してくれます。

深みのあるチャコールグレーよりもライトグレーの方がより明るい印象になります。

そして、髪の毛から落ちたフケやホコリが目立ちにくいため、清潔感が出やすく、手入れが楽というメリットもあります。

グレーのような明るい印象のスーツは、内定が決まって入社した後も社会人生活で重宝するでしょう。

つまり、濃紺やグレーのスーツは柔らかい雰囲気と捉えられるか、目立ちたがり屋だと思われるか、勝負の色であるといえます。

ストライプ柄のスーツは避けるのが無難

就活用スーツの選び方で、気をつけたいのがストライプです。

ストライプはオシャレに見えたり、個性を出したりするには有効ですが、黒や紺色(濃紺)であっても残念ながら就活の場面には不向きです。

全く採用に響かないこともありますが、企業によっては「生意気」という印象に見えてしまうこともあるため、避けるのがよいでしょう。

スーツは何色を選べばよいか?

スーツに限った話ではありませんが、就活における外見は「誰が見ても文句が出ない」ことが原則です。

ここまでの話を統括すると誰からも絶対に文句が出ない色は「濃紺」です。

スーツの歴史を見ても正しく、現代の就活の常識で考えても正しいのです。

さらに「黒」に比べると「濃紺」の方が若々しく見えて、表情が明るく見えます。

また、就活生の大部分が「黒」を選んでいるので、「濃紺」を選んだ方が面接官の印象に残りやすいというメリットがあると認識しておいた方がよいでしょう。

「黒」は今の就活の常識です。

「とにかく失敗したくない」という人は、「黒」を選ぶとよいでしょう。

就活のスーツは基本的には2着買うものです。

1着目は勝負服として「濃紺」とし、2着目は無難な就活を意識した「黒」とするのがよいでしょう。

就活エージェントに相談するのもよい

色々なポイントを紹介しましたが、自分ひとりで判断するのは難しいかもしれません。

スーツの選び方や着こなし方について、悩みすぎて時間を消費しないように注意してください。

スーツのことで悩むようなときは就活エージェントを利用するのがよいでしょう。

経験豊富なアドバイザーが、履歴書の書き方から服装のコーディネートまで細やかにサポートします。

コメント