コミュニケーションが苦手な人のためのすぐにできる克服方法とは?

コミュニケーション

コミュニケーションが苦手な人は、長年克服できずに悩んでいます。

コミュニケーション能力というのは、仕事などの成果を出す上で重要な要素になります。

社会人になってもコミュニケーションが上手く取れずにいると、仕事にも影響が出てきてしまいます。

また、人が持つ関係性の欲求を満たすこともできなくなります。

コミュニケーションが苦手な人がスムーズなコミュニケーションを取るには、どうすれば良いのでしょうか。

コミュニケーションが苦手な人に少しでも克服することができるようにその方法を紹介します。

コミュニケーションが苦手な人の克服方法

1.「聞く」と「話す」の割合を7:3程度にする

人は無意識に「自分の話を聞いてもらいたい」と思っています。

まずは、相手の話を最後まで聞いてあげるとよいでしょう。

相手の話に一旦区切りがつくまで、途中で口をはさんだり、自分の意見を言わないように気をつけます。

相手の話を最後までに聞くことで相手が話し切って気分が良くなっています。

その状態で自分の話をします。

会話の配分は、相手の話が7、自分の話が3くらいの割合が良いといわれています。

お互い気持ちの良い会話ができるようになります。

2.相手の話に共感する

聞き上手になるための第一歩は、共感することです。

もちろん、賛成できないこともありますが、その場合でも、「それは違うと思う」といった言葉で否定せず、まずは気持ちを受け止めてあげることが大切です。

たとえば、「ひどいよね」と同意を求められたものの、賛同できないときに「そうかな」と答えたのでは、会話が途切れる恐れがあります。

そのような場合は、同意することも否定することもなく、「ひどい目に遭ったね」と、相手の気持ちを汲んで上げて返すことが、上手に共感するコツです。

3.会話はキャッチボールであることを意識する

会話によるコミュニケーションは、言葉のキャッチボールです。

そのことを常に意識して、相手が答えやすい言葉を投げかけていきましょう。

たとえば、「Yes」「No」で返事が済むような問いかけでは、すぐに会話が途切れてしまいます。

「その後、どうなったの」「どんな感じだったの」など、相手の言葉を引き出す工夫をする問いかけがポイントになります。

4.相手の話を繰り返す

会話はキャッチボールに関連して、相手の話を繰り返す方法も有効です。

意識的かどうかに関わらず、相手の行動や言動を真似ることは相手に安心感や信頼感などをもたらします。

これを「ミラーリング効果」といいます。

適度に相手の話を繰り返すなど「ミラーリング効果」をうまく使って円滑なコミュニケーションを目指していくとよいでしょう。

ただ、やりすぎには注意しましょう。

話した言葉を全て繰り返されたら、相手はうんざりしてしまいます。

繰り返していることを悟られないようにさりげなく行うように心がけましょう。

5.非言語コミュニケーションを意識する

コミュニケーションの手段は言語コミュニケーションと非言語コミュニケーションの2種類があります。

非言語コミュニケーションとは、会話を行う時の言語以外の情報のことです。

ジェスチャー、表情、しぐさ、声のトーンなどがあります。

相手が話している時は、相手の目を見るように意識するとよいでしょう。

相手が複数の場合でも、話を聞いてくれている人は分かります。

言葉を発さずとも、話を聞いていると目で伝えます。

また、うなずくだけでも印象がアップします。

自分が話す時は、内容によって声のトーンに変化をつけたり、ジェスチャーをつけてみることで、会話にメリハリが生まれます。

さりげなく自然に行うことがポイントです。

これらを行えば、相手は自分に対して親密な感情を抱きやすくなります。

非言語コミュニケーションを意識して行えば、より魅力的な話ができるようになりコミュニケーションが苦手な人も克服ができるようになります。

コミュニケーションが苦手でもコツを押さえれば克服できる

コミュニケーションが苦手と感じるのはさまざまな要因があるでしょう。

しかし、克服方法で紹介した内容を理解すると苦手となっている要因が見えてきます。

その要因を対処することで苦手意識を克服できるはずです。

しっかりとしたコミュニケーションがとれるようになると、人間関係だけでなく、視野や世界観、行動範囲が広がります。

また、自分自身に自信が持てます。

コミュニケーションにはコツがあります。

コミュニケーションが苦手と感じている人は、紹介した克服方法を日頃から意識して、できることから少しずつ実践していけば、相手に誤解されたり、コミュニケーションエラーが生じたりすることもなくなっていくでしょう。

ぜひ取り組んでみてください。

コメント