就活費用は?|地方学生が東京で就活する費用とその節約方法とは?

就活

地方学生の中には、東京での就職を目指しているという方もたくさんいると思います。

就活を始めるにあたっては、スーツや靴、カバンを揃えなくてはなりません。

また、実際に就活中で、「なかなかうまくいかない」「交通費や宿泊費がかかりすぎて大変!」という人もいます。

いったいどのくらいお金がかかるのだろうと不安に感じている人も多いのではないのでしょうか。

地方学生が東京で就活をするのは大変なことなのでしょうか。

地方学生であることは、ハンデになってしまうのでしょうか。

地方学生の就活について考えていきたいと思います。

就活にかかる費用の相場

就活に必要となる費用については、毎年な企業が独自に調査してその結果を公表しています。

どの調査においてもここ数年はおよそ16~17万円が平均的な金額となっています。

地方学生が就活にかかる費用は?

なお、この費用は、あくまで全国平均。就活にかかる費用は居住地により差が大きくなってきます。

地方学生が離れた都心の会社に就職を目指している場合、説明会や面接などで何度も都心に通わなければなりません。

一番差が出るのは、飛行機や新幹線、ホテル代などの交通費や宿泊費と言えるでしょう。

首都圏であれば、平均額より4~5万円ほど安く、地方は4~5万円ほど高くなる傾向が見られます。

特に地方の学生にとって宿泊込みで様々な企業に応募するようになると、その費用は総額30~40万円と高額になることも多く、費用の厳しさを感じさせられます。

就活費用の内訳は?

就活ではどのようなことに費用がかかっているのでしょうか。

【就活における費用の内訳(例)】

・スーツや鞄(約4~6万円)

・交通費(約6~8万円)

・宿泊費(約1~2万円)

・参考書籍代、郵送代、文房具費(約5千円~1万円)

・喫茶、飲食代(約1~3万円)

・証明写真代(約5千円~1万円)

・その他諸経費(約5千円~1万円)

この内訳は地方学生の就活を想定した例ですが、首都圏内の学生と比較して最も差が出るのは、飛行機や新幹線などの交通費やホテルなどの宿泊費と考えられます。

地方の学生が遠く離れた首都圏内の会社に就職したい場合、説明会や面接などで何往復もすることがあり、首都圏内の学生に比べて費用が多くかかります。

就活費用の節約方法

就活にかかる費用の内訳を見ていきましたが、特に交通費や宿泊費などを費用がかかることがわかります。

地方学生にとってはこの部分がきついです。費用をおさえる方法はないのでしょうか。

1.複数の会社を同日に回る

就活は精神をとてもすり減らすもの。

その上費用もかかるため、できるだけ無駄な出費を減らすよう心がけることがポイントといえます。

1日に複数の会社を回ることができるように予定を調整することで移動の回数を減らすことができ、交通費を節約することができます

2.格安の交通手段を使う

飛行機の場合は、LCCや期間割引などを利用することができないか、調べてみましょう。

学生向けのマイレージサービスがある場合もあるため、活用してみるとよいでしょう。

また、新幹線やJRでは学割を利用することができます。

チケットを購入する前に確認してみましょう。

高速バスは疲れやすいイメージがありますが、睡眠時間を確保できるメリットもあります。

最近では、トイレ付き、ゆったり3列シート、毛布などのアメニティ、無線LANやコンセントなど、快適に乗れるサービスが充実していますので、自分に合ったプランを事前に調べておくといいでしょう。

3.宿泊施設にカプセルホテルやシェアハウスなどを利用する

カプセルホテルであれば、1泊3,000円くらいで泊まることが可能です。

タオルや歯ブラシなどのアメニティも揃っていて便利といえます。

また、地方就活生が集まるシェアハウスなどを利用しても、費用をおさえることができます。

シェアハウスでは就活の話などで仲間ができたり、帰る場所があり安心感が持てたりと、メリットと感じる人も多いようです。

4.コンビニやカフェの利用を減らす

就活中は予定の時間までの空き時間を過ごすのに、カフェやコンビニに立ち寄りがちです。

1回の利用は数百円だったとしても、回数を重ねると大きな金額になります。

飲み物やおにぎりなどの軽食を持参することで、かさむ飲食代を節約することができます。

できるだけコンビニは避けスーパーなどを上手に利用してみるといいかもしれません。

学割以外にもいろいろな割引サービスがある

学割以外にもいろいろな割引サービスがあります。

女性向けの割引サービスはレストランなどでサービスを提供しているところがあり、割引料金で食事をとることができます。

ホテルのレディスパックを利用すれば、女性向けに用意された部屋を安く利用することもでき、費用を節約できます。

割引が使えるクーポン券をチェックしておくことも大切になります。

リクルートスーツを割引価格で購入できるクーポンは多くの紳士服チェーンで配布しています。

また、靴やカバンなどもクーポンが使えるお店も多くあります。

普段使う機会がない都会にしかない店のクーポンでも、上京した時に使えば就活に必要な品物を安く購入できます。

費用の節約も色々と工夫をしていけば、苦労を感じる事はありません。

使えそうなサービスやお得なプランがあればどんどん活用し、就活費用の節約を目指してください。

コメント