好きな人に好かれる方法とは?|基本的な7つのことを紹介!

コミュニケーション

好きな人ができたら、相手に好かれたい気持ちでいっぱいになるはずです。

好きな人に好かれる方法がわかればよいのにと思っていませんか。

好きな人に好かれるのは簡単なようで、難しいもので、また、逆の場合もあります。

要はタイミングや行動で天国にも地獄にもなるのです。

相手に好かれるためにどんな方法があるのか、知りたいという人も多いのではないでしょうか。

そこで、片思いをしている人に、気になる人好きな人と両想いになる方法について紹介します。

好きな人に好かれる方法

1.清潔感を保つ

多くの人は容姿よりも清潔感を重視します。

容姿が良くても、清潔感がないと距離を置かれます。

髪の毛が傷んでボサボサになっていたり、服がヨレヨレになっていれば清潔感がありません。

また、爪が伸びていたり、顔を洗っていないのではないかと思われるような印象がある場合、不潔だと思われてしまいます。

このような印象を持たれないようにするためにも、最低限の清潔感を保つ必要があります。

印象は重要です。

2.ポジティブ思考

明るさや前向きさを出すことができず、ネガティブさや余裕の無さばかりが出ると好きな人好きな人から関わるのはよそうとあなたから離れるかもしれません。

好かれたいならポジティブ思考が必要不可欠な要素です。

好きな人から自分と話しをして楽しかった。

元気になったと思ってもらえるような話題で話しかけるとよいでしょう。

3.好きな人と視線を合わせる

好きな人と視線を合わせると、相手も自然に自分のことを意識してくれやすくなります。

視線の印象づけの後に、好きな人にちょっと話をしてみるのがオススメです。

よく目が合うね、という人ことを伝えると好きな人も意識するようになります。

頻繁に視線を合わせるようになるとそれまで意識したことがなかった人が脈ありの相手になるということもあるので、視線が合うことはとても重要なのです。

好きな人と話す機会があれば、さらに相手に自分の存在を意識させることができるといえます。

視線を合わせるということが好きな人から好かれる大きな一歩になります。

4.相手の話をしっかり聞く

自分の話を人に聞いてもらいたい願望を多くの人は持っています。

しかし、実際に自分の話を常に楽しそうに聞いてくれる人は少ないです。

人の話を聞くよりも自分の話をするほうが楽しいのです。

いつも自分の話ばかりで相手の話を聞くようなことをしないような状況が続けば、相手に「疲れる」「めんどくさい」というような悪い印象を持たれるようになってしまう可能性があるので注意をしましょう。

好きな人に好かれるようになるためには、自分は聞き上手になることが大切なのです。

さらに、好きな人(相手)の話を聞いて、楽しいという表現を行うようにしましょう。

好きな人からはもっとこの人と話がしたいと思われるようになります。

自分の話を楽しそうに聞いてくれるようになれば、好きな人も話をしていて気持ちがいいと感じるようになります。

5.自己肯定感を高める

自己肯定感とは、「自分は大切な存在だ」「自分はかけがえのない存在だ」と思える心の状態のことです。

自分のことを嫌いな人が自分を好きになってもらえるはずがありません。

人に好かれる人、頼りにされる人、輝いて見える人など、このような人は自己肯定感が高い人です。

自己肯定感を高めると、自信がつくので卑屈な態度がなくなり臆することなく相手に話しかけることが出来、好きな人から良い印象を受けます。

6.思いやりの気持ちを持つ

相手の立場に立って思いやりを持った行動をとっている人は他の人から見ても本当にいい人と思われています。

相手の人がどう思うのか、まず何か行動する前に相手の気持ちを考えてから行動する、つまり冷静にその周囲の判断を行って行動をしているのです。

自分の気持ちをストレートに行動すると、周囲の人の中に誰かしら、傷つく人がいたり、心を痛める人がいるものです。

どうしてほしいのか、その人のことを考えて行動するので、傷つくことが少なく、その気持ちが相手に伝わるので、この人は人の気持ちや痛みがわかる人と認識されます。

痛みがわかる人は痛みを伴う行動をしない、思いやりをもってどんな場面でも行動できる人というのは、人から好かれます。

7.会う回数を増やす

好きな人があなたのことを特に意識していなくても、あなたと会う頻度が高くなるとあなたに対する意識が高くなります。

適当に言い訳でも何でもかまわないので、好きな人と会う回数を増やしましょう。

もっと接触できる機会を意識的に作りましょう。

会う回数を増やしていくと「なじみ」が出てくるため印象がよくなります。

これを心理学で「単純接触の法則」といいます。

単純に接触していれば、好印象になるということです。

何度も会っていると、その人の姿形が頭に焼き付き、なじみが出てきて、身近に感じる心理です。

こうした現象としては、社内恋愛があります。

会社では、毎日同じ人と顔を合わせます。

とりわけ、お互いに印象よく思っている男女が、毎日何度も何度も顔を合わせているとだんだん深い仲へと発展します。

好きな人に好かれたい場合、数分でもよいので会う接点を作る方が効果的です。

コメント