個人年金保険

個人年金保険 保険用語集

老後の生活に備えて、個人年金保険を検討してみるのはいかがでしょうか。

個人年金保険とは、定年退職後の生活資金を補うための保険で、自分で積み立てた資金をもとに将来の年金を受け取ることができます。

将来の年金受給額を事前に把握し、保険料や掛け金を計算することで、自分に合った個人年金保険を選ぶことができます。

今回は、個人年金保険の基礎知識や選び方について解説します。

個人年金保険とは

個人年金保険とは、保険料を積み立てることで、将来、年金を受け取れるというもので、国民年金や厚生年金などの公的年金とは別に自前で準備する保険です。

万一、年金を受け取れる年齢に達する前に死亡した場合は、それまでの保険料払込相当額を死亡保険金として受け取れます。

一般の生命保険も被保険者が死亡した時に死亡保険金を受け取ることができますが、支払保険料よりも大きな保障を受ける点で異なります。

年金の受け取り方はいくつか種類があります。

年金の受け取り方一覧表

個人年金保険料控除

個人年金保険料控除とは生命保険料控除の一つで、払込保険料の金額に応じて一定の金額がその年の所得から差し引かれ、所得税や住民税の負担が軽減される制度です。

【個人年金保険料控除の対象となる条件】

・年金受取人が契約者または配偶者である

・年金受取人が被保険者と同一である

・保険料の払込期間が10年以上ある

・確定年金か有期年金の場合は、年金受け取り開始日の被保険者が60歳以上で、年金受け取り期間が10年以上である

年金受給時の税金

個人年金保険は、年金受給時に税金がかかります。契約形態によって税金のかかり方が異なるので注意が必要です。

年金受給時の税金一覧表

一般的な例として表を作成していますが、契約者・被保険者・年金受取人の三者は全て同一人でも構いませんし、全て異なる人でも構いません。

年金受取人を自分の子どもにしてもよいのですが、一般的には夫婦の場合、夫や妻のどちらかになります。

特に契約者と年金受取人が異なる場合、年金支給開始時に贈与税がかかりますので注意してください。

個人年金保険のメリット・デメリット

個人年金保険のメリット

個人年金保険料控除で所得税や住民税が軽減される

年末調整や確定申告などで個人年金保険料控除が受けられることです。

個人年金保険料控除は自助努力によって老後の資金作りをしている方に、所得税や住民税を軽減する制度です。

年間の支払保険料に対して、一定の金額がその年の所得から差し引くことができるので、所得が少なくなり、所得税や住民税が軽減されるというしくみになっています。

預貯金よりもお金が増える

個人年金保険は、預貯金でお金を貯めるよりも利回りが良いのです。

払い込みが終了して年金を受け取る時期まできちんと続けることで、払い込んだ保険料よりも受け取る年金額の方が多くなります。

つまり、利回りのよい運用商品といえます。

個人年金保険のデメリット

インフレリスク

個人年金保険は受取金額が契約時に確定しています。

しかし、長期間積み立てをしていく中で、インフレなどがあった場合には、貨幣価値が下がってしまう状態となるため、受取年金額の価値も下がってしまうという可能性があります。

中途解約によって元本割れする可能性がある

支払いが満了する前に中途解約をした場合、ある程度の年数が経っていないと、支払保険料よりも解約返戻金は少なくなってしまいます。

つまり、元本割れしてしまう可能性があるということになります。

個人年金保険を見直すきっかけは今!老後に備えて保障を見直しましょう

今回の記事では、個人年金保険について詳しく解説しました。

個人年金保険は、将来の年金受給資金の不足を補うことができ、老後の生活に必要な資金を確保するための保険です。

しかし、自分に合わない保険商品を選んでしまうと、本来の目的を達成することができません。

ですから、個人年金保険の加入を検討している方は、保険商品の選び方や保険料の見直しについて、ファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談することをオススメします。

ぜひ、この記事を参考にして、老後の生活に備えるために保険の見直しをしてみてください。

 

コメント