保険見直しのコツ|初心者必見!本当に必要な保険の選び方

保険

保険の見直しとは?


保険の見直しとは、契約中の保険をライフスタイルに合った内容に最適化させることです。

具体的には、現在の保険を解約して他の保険に加入し直したり、保険金額を増減させたり、特約を追加したりすることなどを指します。

結婚や出産、子どもの独立など、ライフスタイルが大きく変わるタイミングで契約内容の見直しをするのが効果的です。

前向きな見直しは暮らしのゆとりを生むことにつながります。

保険は見直しが必要


一度加入したら、後は安心できると思ってしまいがちな生命保険ですが、実際は、ライフスタイルなどにあわせて、見直す必要があります。

変化する生活環境

結婚、出産、子どもの独立など、長い人生の中で生活環境は変化していきます。

生活環境が変わると、備えるべきリスクも変わってきます。

かつて加入した保険では、こうした変化には対応できません。

たとえば、独身のときに加入した保険では、家族のことを考えた保障になっていないことが多く、また、子どもが生まれると、万一の際に備える金額も増やす必要があるといった具合に備えるべきリスクが変わってくるのです。

自分や家族が安心して暮らしていくために、保険の見直しは大切な作業です。

進化する保険

保険も自動車や電化製品と同様に進化しています。

たとえば、死亡保障であれば、以前は万一のことがあった時に、残された家族にお金を残す保険しかありませんでした。

しかし、現在では、大きな病気にかかったときなどに、生き抜く為のお金として、生前に保険金が支払われる商品も登場しています。

また、医療の備えもごく短期間の入院から保障する商品や先進医療に対応する商品が登場するなど、その変化も様々です。

もし昔加入した保険がそのままになっているようなら、そういった視点で見直すのも良いでしょう。

定期的に保障内容を見直す


ライフステージごとに必要な保険は異なってきます。

また、同じライフステージにおいても、たとえば、子どもが幼児なのか大学生なのかによっても、今後必要となる教育費が異なるので、保障額も変わってきます。

また、万一の備えとして1,000万円の積立を予定しているのに、まだ100万円しか積立ができていないときは、無理に生活を切り詰めることはせずに、足りない分を保険でまかなう方法もあります。

平均的な加入金額にとらわれず、自分と家族の場合はどうか、ライフステージや資産状況等に照らし合わせて定期的に保険を見直すとよいでしょう。

保険を見直すメリット


生命保険を見直すメリットとしては、以下の2点が挙げられます。

・ライフステージにあった最適な保障を備えることができる
・保険料負担を軽減できる可能性がある

これらのメリットについて解説しましょう。

ライフステージにあった最適な保障を備えることができる

保険で備えられる保障にはさまざまなものがあり、大きく分けると「死亡保障」「医療保障」「介護保障」「収入保障」などがあります。

これらは個々のライフスタイルなどによって必要性が異なりますが、ライフスタイルの変化に応じても必要性が変わっていきます。

保険内容を見直して、現在の状況に合わせて組み替えることで、最適な保障を備えたものにすることができます。

保険の見直しをすることで、万一の状況になったときに受け取れる保険金や給付金などが不十分だったり、必要以上の保障のために保険料を払い続けたりすることがなくなります。

保険料負担を軽減できる可能性がある

人生の中では家族が増えたり、成長したりとライフスタイルの変化が次々発生するものです。

それに応じ、保険を見直すことで最適かつ無駄のない保障内容にすることができます。

大きな死亡保障が必要でないのにまだ加入したままの人や、複数の保険商品に加入していて保障の重複がある人などは、余分な保障をすっきりと解約・変更することで保険料が安くなります。

また、以前勧められるままに加入した生命保険などは、あまり活用できない特約が付いていることがあるので、その特約をなくすことで保障内容も保険料もスリム化できます。

今の自分に本当に必要な保険だけを選べば、結果的に保険料を抑えられる可能性もあります。

その分、積立て貯蓄などに回せる資金が増えるでしょう。

保険を見直すタイミング


保険は一度入ったらそのままずっと続けるものと誤解している人は多いのですが、実はそうではありません。

ライフステージに合わせて、時期を見てこまめに見直すのがオススメです。

服にたとえるならば、成長につれてズボンの裾や上着の袖の丈出しをするなど、服が体に合うように直します。

同様に保険についても自分の生活環境に合ったものに切り替えることによって、合理的な保険の入り方が可能になり、結果としてトータルの保険料も節約できるのです。

また、ライフステージに合わせた保険の見直し以外にも、「保険の更新時期」「保険料が高いと感じたとき」「自分に合った保険商品を検討したいと感じたとき」なども保険の見直しのタイミングとしてはよいでしょう。

ライフステージに変化があったときに保険を見直す

保険は長期にわたる契約です。

ライフステージの変化に伴い、保障ニーズも異なってくるので、時折、保障内容を見直すことが大切です。

ライフステージの変化とは、たとえば、次のようなイベントが挙げられます。

・就職
・結婚
・妊娠前
・妊娠・出産
・子育て中
・住宅購入
・転職・起業
・子どもの独立
・家族の介護
・老後(定年後)
・相続 など

これらの変化があると、取り巻く状況は大きく変わります。

(出典:日本生命)

たとえば、独身のときに必要な保障額は自身に万が一のことがあった場合の葬儀代程度ともいわれますが、結婚したり、家族が増えたりすると、遺された家族の生活費が必要になります。

一方で子どもが独立したときは、必要な保障額は減少します。

つまり、ライフステージが変化すれば、備えるべき保障額も変化するため、その時々の状況に合わせて、医療保険や死亡保険、がん保険といった保険の保障内容を見直すことが大切です。

保険の見直しのタイミングはさまざまですが、現在の自分の年齢や家族構成・マイホームの有無などに合わせて保険の見直しを検討してみましょう。

保険の更新時期に保険を見直す

生命保険の更新時期も、内容を見直すいいタイミングです。

定期保険のようにあらかじめ保険期間が決まっている生命保険は、満期になると自動更新されるものが多くあります。

しかし、更新時の年齢で保険料が再計算されて、ほとんどの場合、保険料が上がるため、更新する前に、更新後の保険料や保障内容を考えて、見直しを検討するのも良いでしょう。

なお、更新後の保険料については、保険期間の満了前に保険会社から届く、契約更新の案内に記載されており、また、自ら保険会社へ問い合わせることも可能です。

(出典:価格.com)

保険料が家計の負担になっているときに保険を見直す

更新時期が迫っていなくても、毎月の保険料が高すぎて、家計の負担になっていると感じたときも、保険を見直すタイミングだといえます。

たとえば、子どもが生まれて生活費が増えた、住宅を購入してローンの支払いが始まったなど、家計が変わることにより、それまでは無理なく支払うことができていた保険料が負担になることがあります。

これはライフステージの変化による見直しであるともいえますが、保険に加入したからといって、自分の経済状況に合わない保険料を無理して払い続ける必要はありません。

保険は人生のリスクに備えるものですが、そのために現在の生活を圧迫しては本末転倒になってしまいます。

月々いくらまでなら保険料を支払えるのか、無理のない支払い金額を確認した上で保険を見直しましょう。

保険の見直しは必要?|家計を圧迫しない保険料の目安は?
「どんな保険に入っているのか」「保険料はいくらくらい払ってるのか」といった、一般と比べて保険料が高い・安いといったことが気になる方が多いと思います。 生命保険や医療保険が必要だとはわかっていても、自分だけでなく家族全員分となれば毎月の...
必要保障額の目安は?我が家に必要な保障と金額はいくら?
保険には家族の「もしも」の不安に備える役割があります。 独身やファミリーなどの家族構成やライフステージによって、加入すべき保険や必要な保障額は異なるので、正しく把握しておきましょう。 必要保障額の見直し 現状の家計収支を整理し...

参考記事3:必要保障額はどうやって算出すればよい?

自分に合った保険商品を検討してみたいと感じたときに保険を見直す

積極的に保険を見直すタイミングを特定することはできませんが、自分に合った保険商品を検討してみたいと感じたときも見直しのタイミングといえます。

医療技術が日々進歩するなどの医療事情や社会的な変化に応じて保険商品も新たなものが開発され、保険の内容も変化しています。

たとえば、短期入院の保障を手厚くしたり、通院保障を充実させたりする保険が増えています。

最新の治療方法や医療体制に合った保障内容にするためにも、保険の加入から時間が経っている場合、一度、保険を見直してみるといいでしょう。

保険見直しのチェックポイント

保険料は家計に無理のない金額か

「家計が苦しくなったので保険を見直したい」と考えている人が多いのですが、それはおそらく、もともと保険にかける予算に無理があるからです。

保険は死亡や病気・ケガなどの不安に備えるものなので、つい心配になってあれもこれも入りすぎる傾向にあります。

保障内容は必要性に合っていても、保険料の支払いが厳しければ長期にわたって継続していくのは難しいものです。

たとえば、保険料の払込期間を長めにしたり、掛け捨て部分の割合を大きめにすることで、同じ保障金額を確保しつつ、保険料負担を軽減させることはできます。

見直しの際に保険種類の変更を検討してみるのもいいでしょう。

参考記事1:家計を圧迫しない保険料の目安とは?

保障額が万が一の際に十分か

必要な保障を備えているつもりでも、保障金額に不足があればいざという時に経済的に困ります。

万一の際に保険金がどれくらい必要なのかは、状況によって変化します。

現在加入している保険で本当に生活に必要な金額がまかなえるかどうかを検討してみましょう。

たとえば、子どもが独立するまでの生活保障に加え、子どもが自宅外からでも大学に通えるように教育資金を確保できるだけの備えをするなど、今後のライフプランをイメージしながら保障額は適正であるか定期的にチェックすることが大切です。

参考記事2:必要保障額の目安はいくらか?

参考記事3:必要保障額はどうやって算出すればよい?

保険期間(保障期間)は状況に合っているか

生命保険には、あらかじめ保険期間(保障期間)が決まっている定期保険と、保障が一生涯続く終身保険があります。

この保険期間の違いを理解しておくこともポイントです。

定期保険は、一定期間が過ぎると保険期間が満了するため、引き続き保障が必要であれば、契約を更新するか新しい保険に入り直す必要があります。

ただし、保険料は年齢とともに上がっていくため、更新の際の保険料は、それまでに比べて高くなります。

一方、終身保険には更新がないため保険料は変わらず、保険期間は一生涯続きます。

保障が必要な時期に対し、保障されている期間が適性であるかどうか確認しておきましょう。

保険見直し時の注意点

保険の見直しを考えている場合、現状の保険の保障内容を見直し、中途減額や特約の中途付加・変更、さらに追加契約する方法などが考えられます。

これまで加入している保険よりもよい保険がある場合には、新規に保障内容を設計して見直す方法もとることができます。

ただ、現在の保険を解約して新規の保険に加入するときなどには注意が必要です。

新しく保険に加入するときには、健康状態についての告知や医師の診査が必要になります。

以前保険に加入したときには健康だった人でも、一般に年を取るごとに体は衰えてきますので、診査の結果によっては、保険に加入できないことも十分に考えられます。

また、保険料は加入時の年齢によって高くなっていきますから、新規に加入する保険の保険料を安くするためには、一般的に保障内容を下げなければならず、必要な保障が得られなくなる危険性もあるので注意が必要です。

保険金の受取人は適切であるか

死亡保険金、満期保険金、解約返還金は、いずれも課税対象となっており、被保険者、契約者、保険金受取人の三者の関係によっては保険金受け取り時に贈与税がかかってしまうこともあります。

たとえば、独身時代に契約した保険を継続していて受け取り人が親のままになっているようなケースもあります。

契約以降に家族の状況が変わっている場合には、被保険者と保険料を支払う契約者、保険金の受取人が適切であるか確認しておきましょう。

保険の見直し方法

保障の見直し

<見直しの手順>

では、早速現在契約されている保険を見直してみましょう。

現在加入している契約の内容がわかるものを手元に準備します。

「いくら」の保障が「いつまで」かを確認します。

今の家族構成などからこれから「いくら」の保障が「いつまで」必要かを検討します。

過不足などの課題がわかったら、どのような方法で変えるかを検討しましょう。

加入中の保険によって見直し方は異なる

現在の保険の保障額が適切でないと分かった場合には、なるべく早く保険を見直す必要があります。

保険料を抑えるには、大きく分けて3つの方法があります。

どの見直し方がよいかは、加入中の保険の種類や加入時期などによって異なります。

これらの保険の見直し方やそれぞれの特徴は、死亡保障と医療保障の両方に共通して当てはまります。

1つ目は、「現時点で加入している保険の保障を減らす」方法で、終身タイプの保険に入っている人や、予定利率の高い時期に加入した、いわゆる、お宝保険を活用したいという人に向いています。

新たな健康状態の告知や審査等が不要で、加入先に申し出るだけでよいため、手続きが簡易なのもメリットです。

ただし、自分の希望通りに保険料を減額できないこともある点には注意が必要です。

今の保険で充分な面と不足する面がある場合、「今の保険の一部を残し、他の保険に加入して調節する」方法があります。

現在、加入している保険と新しく加入する保険のいいとこ取りができる一方で複数の保険に入ると保障が重複したり、内容の把握が難しくなってしまう点がネックです。

3つ目の方法として、「今の保険を解約して新しい保険に入り直す」という方法もあります。

すでに入っている保険が、複数の保障がセットになっていて個別の見直しがしづらい人や、保障額はそのままで保険料を抑えたいという人にオススメの方法です。

必要最低限の保障を確保しつつ、条件に合っていれば、保険料を以前より安くすることができます。

ただし、今の保険の加入時より年齢が上がり保障額が多くなると、その分保険料が高くなったり、健康状態によっては希望の保険に加入できなかったりするということがある点には注意が必要です。

それぞれメリット・デメリットがあるので、自分に適した見直し方を選ぶようにしましょう。

プロへの相談も検討しましょう

上記の内容を一人で全て考え、適切に判断することは難しいかもしれません。そんな時にはプロに相談してみるのもよいでしょう。

あなたの家族構成や気になるライフイベントをもとに、保険選びの基本的な考え方やおすすめの保険商品をチェックすることができます。

参考記事4:具体的な保険の見直し方法を紹介!

保険見直し時の注意点


保険の見直しは個々に合ったもの選ぶため、保険を複雑で、時間のかかる作業ですが、焦りは禁物です。

しっかり自分に合った保険を見つけるために、保険の見直しで注意すべき点を以下のようにまとめました。

保障の空白期間をつくらない

現在加入している保険を見直して、別の保険商品に切替えをする場合、すぐに旧契約を解約するのは禁物です。

加入している保険を解約して、その日に別の保険に申し込んだ、というだけでは、まだ申し込んだ保険について責任開始しておらず、それまでの間は無保険の状態になってしまいます。

無保険状態の空白期間に万が一のことがあった場合は、保障を受けられなくなります。

特に、がん保険は、加入後3ヵ月間は保障されないなど免責期間がありますので、注意が必要です。

また、診査に引っかかり、新たに申し込んだ保険会社から契約を断られる可能性があります。

今入っている保険を解約するのであれば、新たに申し込んだ保険会社が契約を承認後、保障が始まる日以降がベストのタイミングとなります。

参考記事5:がん保険の免責期間
参考記事6:解約時の注意点

社会保険でカバーできる部分を調べる

民間保険も生活を助けてくれる強い味方になりますが、その前に確認しておきたいのが公的な保障制度です。

遺族年金や健康保険の高額療養費制度など、社会保険でカバーできる部分もあります。

保険で家計を圧迫してしまわないよう、公的保障でカバーしきれない部分を保険で備えるスタンスで保険の見直しを行うとよいでしょう。

公的保障があることを踏まえて、民間の保険を検討すると、保険の入りすぎなどを防ぐことができます。

参考記事7:公的保険と社会保障を使い倒す!

転換には気を付けよう!

保険会社から契約の「転換」をすすめられるケースがあります。

転換とは、既契約の転換価格(解約返戻金や積立配当金など)を、新たに加入する保険の保険料の一部に充当し、既契約から新規契約に乗り換えることです。

転換は全ての方にとってメリットがあるわけではありません。

転換をすると現在の保険の返戻金は受け取れなくなりますし、場合によっては現在の保険より利率が下がってしまうこともあります。

保険の見直しをしているときに転換をすすめられたら、メリットやデメリットを洗い出し、じっくり検討するようにしましょう。

参考記事8:契約転換制度とは?

早期解約による元本割れに注意

保険によっては、解約すると、解約返戻金を受け取れますが、解約のタイミングによっては、それまでに払い込んだ保険料の総額を大きく下回る額の解約返戻金しか受け取れないことがあります。

これは生命保険の保険料は預貯金のようにそのまま積み立てられるのではなく、その一部は毎年の死亡保険金などの支払いや、保険会社の運営に充てられるためです。

このようなことから、解約返戻金の額は払込保険料合計額よりも少ない金額となり、特に契約後経過年数が短い場合には、まったく無いかあってもごく少額となります。

中でも貯蓄型保険は経過年数が長くなると解約返戻金が大きくなるので早期解約は慎重になった方がよいでしょう。

なお、解約した場合、解約返戻金がいくら受け取れるかについては、保険会社に問い合わせれば事前に調べることができます。

参考記事9:解約返戻金とは?

高利率の保険は続けたほうが有利

多くの生命保険は、加入した時点で予定利率が設定されており、変わることはありません。

予定利率とは、保険会社が契約者に対して約束する運用利回りのことです。

つまり、予定利率は高い保険に加入していれば、それだけ支払う保険料に対して、高額の保険金が返ってくることになります。

近年、低金利が続いている関係で、保険の利率は下がってきているため、昔に契約した保険のほうが利率は高いことがほとんどでしょう。

かつて予定利率が高かった頃に加入した保険を解約して新規の保険に加入するのは、よく考えてから判断すべきです。

特に、1990年代前半、まだ好景気だった頃に契約した保険は、「お宝保険」と呼ばれるほど高利率のものもあります。

こうした保険を解約して新規の保険に加入するのは慎重にならなければいけません。

参考記事10:利率の高いお宝保険は手放すな!

解約すると特約も解約されることに注意!

生命保険は主契約(メインとなる保障)と特約(オプションの保障)からなっています。

主契約をそのままに特約だけを解約することはできますが、主契約を解約して特約だけ残すことはできません。

たとえば、医療保障にがん保障を特約で付けられる医療保険がありますが、のちに医療保障はいらなくなって、がん保障だけを残したいとしても特約のがん保障のみを残すことができません。

主契約を解約した場合、特約も併せて解約されるというしくみになります。

そのため、特約の保障内容が必要な場合は、主契約を解約するときは注意が必要です。

上記の例では医療保障の解約と併せて、がん保険に加入しておかないとがん保障がなくなってしまいます。

参考記事11:保険は「主契約」と「特約」で構成されている

保険のプロにも向き・不向きがある

保険商品はますます複雑化・多様化が進み、特約1つとっても細かいスペックの差があり、個人で判断・選択するのは難しくなっています。

よりよいリスクマネジメントを行うためには、信頼できる保険のプロ(コンサルタント)のアドバイスを受けて保障設計をすることも1つの手段です。

ただ、コンサルタントといえども万能ではなく、相談内容によっては向き・不向きがあります。

「こんな見直しにするはずではなかった」と後悔しないためにも相談相手となるコンサルタントの得意分野を十分吟味するようにしましょう。

信頼できるコンサルタントと出会えるかどうかは非常に重要となります。

参考記事12:見直しの相談相手には向き・不向きがある

コメント